焼きナス

2019年8月7日

焼きナス

【材料(2人分)】
・ナス 中4本
・おろし生姜 適量
・醤油 適量

【作り方】
①ナスのヘタのひらひらしているところだけ取る
※上の部分は食べる時とかに持つので残す
②皮に縦に切り込みを2本くらい入れる
③耐熱の容器に並べてラップをし、電子レンジで600Wで7分温める
④ナスの水気を少し拭いて、アルミホイルの上に並べる
⑤トースターで30分焼く
※15分経ったらひっくり返して焼くといい感じ!
⑥熱いうちに皮をむいて、お好みで醤油や生姜をつけて食べる!!

 

ポイント◇電子レンジで温めるとかなり熱くなるので注意!
◇グリルなどがある場合には、グリルで焼いたりしても美味しい。
◇焼き芋みたいに、たき火に入れて焼いても美味しい。
◇皮がいい感じに焦げると、実に焦げのいい香りがついて最高です!!

焼きナスは、ナス料理の中でもかなり好きなものの一つ!
昨年はフライパンで焼いてみたんですが、今年はもっと簡単なやり方を教えてもらったのでこっちでやってみました。

フライパンで焦がすとかなりいい感じに焦げ目がついて、焦げの香りが実にもついてくれる感じが最高なんです(*´Д`*)
我が家のトースターはあんまり焦げてくれないのでそれがないのが残念…

程よく焦げるとホントウマいので、おすすめ(*´▽`人)

 

目次 -mokuji-

詳しい作り方

焼きナスの下処理

ナスのヘタはこんな感じにむきます。
ひらひらしている部分を持って上に引っ張るだけでOK!

他のナス料理をする時もこのむき方をしてからヘタを落とすと、食べれる部分が増えるので好きです(*´▽`人)

ちなみにナスは、古くなるとヘタのひらひらの下に点々の模様が出来ます。
画像のだと一番手前のものと、前から三番目のものが少し劣化している感じです!

新鮮なナスだとこの点々はつかないので、鮮度を見分けるのによく使っています( *´ω`*)
点々がついたナスは、皮をむけば食べれるので焼きナスに使うと楽!

 

焼きナスの下処理

切り目はこんな感じ。
皮をむく時に使うだけなので、そんなに深くなくても大丈夫!

2ヵ所くらいはあると楽かな。

 

焼きナス

電子レンジで加熱し終わった時の様子がこんなの↑
ぼてっ。ぷりんっ。って感じです。

電子レンジで加熱すると水分が出るので、軽く拭いたりして水を切るとといいかも。
かなり熱いので、やけどしないように注意!

 

焼きナス

トースターで焼くと皮がしわしわになります。
触って軟らかければOK!
これもかなり熱いので注意。

トースターで焼けたら、熱いうちに皮をむいて食べてみてください。
めっちゃ美味しいですよ(*´Д`*)

今回使った野菜はコレ↓

<参考>
「ナス(黒曜・千両二号)」観察日記(2019.5.11~)

料理一覧へ戻る