枝豆の茹で方

2019年5月31日

自家製の茹で枝豆

【材料】
・枝豆 250g
・水 1L
・塩 40g(水に対して4%)

【作り方】
①枝豆をさやだけにする。
②枝豆をよく洗う。
③さやの先端を切り落とす。
④枝豆に量った塩の「半量」だけをかけて、よく塩もみして産毛を落とす。
⑤残りの塩を沸騰したお湯へ入れる。
⑥塩つきのままの枝豆をいれて、5分茹でる。
*③をやっておくと、塩味がしみやすい。
*茹で終わったら、冷水にはつけない!(水っぽくなる。)

枝豆はとってすぐに茹でると美味しいと聞いたので、すぐに茹でる準備を開始。
まずはよーく洗って、「土」などを落としていきます。
ボウルに入れて、何度か洗いましたがかなり汚れがおちてビックリしました!!

最近は冷凍のむき枝豆を使うことが多かったので、この体験は貴重(*´Д`*)

この時は1300gくらいだったので「5L」でやろうと思ったんですが、そんなに入る鍋が自宅になかったので「4L」でやりました。

塩は、水に対して “4%” ということだったので「160g」
虫食いの物は、後で中身を確認したかったので別茹でにして、見た目が綺麗なものは、全部一緒に入れました(*´▽`人)

<参考>
枝豆の観察日記-2018

 

ダイソーのボウルが大活躍!

ダイソーのボウル

枝豆洗いには、ダイソーで買った「ボウル」を使いましたー!
かなり使いやすくておすすめ。

ボウルとザルがそれぞれ売っていたので、白と緑の組み合わせにして買ってきました。
いい配色センスだ、私(*´▽`人)

 

さやの先端を切る

枝豆の茹で方

枝豆のさやの「先端部分」をハサミで切ります。
ココを切っておくと、塩味がいい感じにつくとのことだったので、めっちゃ多かったけど全部切ってやった。

淡々とした作業、意外と好き(*´艸`*)

先端部分が切れたら、塩もみをして枝豆の産毛落とし!
今回は、160gの塩を量っておいたので、その半分を産毛落としに使いました。

産毛をおとしたら、枝豆を洗わずに鍋に投入。
“5分” 茹でました。

茹でている途中、凄くいいにおいがしてお腹が減ったw

盛り付けてみるとなかなか綺麗(*´艸`*)
塩味ちゃんとついてて、美味しかったです!

 

枝豆の冷凍方法

枝豆の冷凍方法

【準備するもの】
・バット
・キッチンペーパー
・ジップロック
・ビニール袋 など

①バットにキッチンペーパーを敷く。
②枝豆をさやからとり、①へ。
③枝豆の水分をキッチンペーパーでとる。
④ビニール袋へ入れる。
⑤ジップロックへ入れる。
*バットの枝豆の上にキッチンペーパーを置いて、軽く転がすと綺麗に拭ける。
*ジップロックの前にビニールに入れると使う時に取り出しやすく、ジップロックの再利用がしやすいです。
*冷凍で1カ月保存可能。

かなりの量が取れたので、傷んでしまわないようにすぐに使うもの以外は冷凍しました。

さやから実を取り出して、キッチンペーパーを広げたバットに出していきます。
水分を拭き取ったら、袋へ。

 

枝豆の冷凍方法

こんな感じにバットに広げると楽でした!
ツヤツヤで可愛いです(*´▽`人)

ジップロックに入れて、今日の日付を書いてしまっておきます。
これで「1カ月」は保存できます。
※1年後に食べても意外といけましたが、試す時は自己責任でお願いします!

枝豆は使いやすいので、たぶんすぐ使っちゃうけどw

枝豆ご飯とか天ぷらとか…
作りたい(食べたい)ものがいっぱいです(*´Д`*)

自家製の茹で枝豆、めっちゃ美味しいのでぜひぜひ試してみてください!

料理一覧へ戻る