【微生物活性剤】天恵緑汁づくり(2018.6.30~)

2019年6月2日

天恵緑汁の作り方 スギナと雑草
2018年に作成した「天恵緑汁(てんけいりょくじゅう)」についてまとめています!
【この記事も一緒に読まれています!】
米のとぎ汁で作る微生物活性剤(2018.7.8~)

手作り活性剤一覧

天恵緑汁をつくりたい(2018.6.30)

Youtubeで、いつも大好きで見ている方の農業の動画を見ていたら「天恵緑汁」という微生物の活性剤を作られていました。

面白そうだったので、自分たちもやってみたくて作ってみました!
とてもいい匂いがして作るのが面白かったです(*´▽`人)

天恵緑汁は「土壌の活性剤」
スギナ汁は「うどんこ病」

それぞれ、別の効果で使うことができるそうですよ。
自分で作れるって、楽しいです (*´艸`*)

<参考>
天恵緑汁の作り方-フクベリー(T&F)
天恵緑汁の作り方-フクベリー(T&F)-動画

 

材料を集める

天恵緑汁の作り方 材料集め

【材料】
・勢いのある新芽 1kg
・きび砂糖 750g

①ヨモギ、または勢いのある新芽をそれぞれ集めておく。
②底の深めの容器にいれて、適度に小さくカットする。
③きび砂糖もしくは、黒糖を入れて混ぜ合わせる。
④漬物の容器などに入れて、重石・袋をかけて密閉する。
⑤1週間程度置いたら完成!

まずは、材料を集めていきます!
今回作るのは「天恵緑汁」なので、ヨモギを集めていきたいところなんですが。

我が家にはヨモギが生えてないので、そこら辺にある「雑草の新芽」を回収していきます(*´ω`*)

 

新芽集め

天恵緑汁の作り方 新芽集め

新芽を集めるために、少し早起きして草探し!
ヨモギはやっぱりなかったので、適当にドクダミとか強そうな葉っぱを集めてみました。

めっちゃ高くなる葉っぱとか色々ありましたw
来年は、ヨモギを植えてやってみたいなぁ。

 

天恵緑汁の作り方 新芽追加

意外と集めるのが大変で、時間がかかる…
少し足りなかったので、追加で集めて容器いっぱいにしました。

新芽探しって難しいです!

 

ついでにスギナ汁用

スギナ汁の作り方 スギナ

ついでに、スギナ汁も作ってみたくて、スギナも収集。
スギナはたくさんありました!

作ろうと思っていたんですが、結局作らずに終わってしまった…
また今度挑戦したい(*´▽`人)

 

容器に入れてカット!

天恵緑汁の作り方 草を入れる

なんとか集め終わったので、混ぜられそうな容器に。ぽい!
我が家にはこれしかなかった…

混ぜづらかったので、もっと深いものがおすすめです。

 

天恵緑汁の作り方 草をカット

容器に入れたら、細かくカットしていきます。
細かくと言っても、だいぶ大雑把に切りましたw

ハサミで適当に…
包丁とまな板とかの方が楽かもです(*´▽`人)

 

きび砂糖と混ぜる

天恵緑汁の作り方 きび砂糖

葉っぱを細かく切り終わったら、今度は黒糖と混ぜます!
調べたら「黒糖」を使う方が多かったけど、「きび砂糖」でもいいっぽかったので今回はきび砂糖にしました。

黒糖って地味に高い(m。_。)m
ケチった…

 

天恵緑汁の作り方 草に砂糖をかける

新芽の上にきび砂糖をかけて、よーく混ぜ合わせます(*´▽`人)

アリが来るかもと心配だったので、手早く混ぜました。
砂糖なので、いいにおいがします!

 

容器に詰める

天恵緑汁の作り方

混ざったら、容器に戻します。
砂糖も全部一緒に!

深めの容器がいい感じです(*´ω`*)

 

天恵緑汁の作り方

最後に「重石」をのせたら、このままだと虫がヤバいので袋をかけて密閉。
このまま “1週間くらい” 放置します。

外に置くのが嫌だったので、私は家の中に避難しておきました。

我が家は、とりあえずゴミ袋をかけましたが、不織布をかけておくといいみたいです。
空気が通るのかも。

仕込みはこれで終了!
1週間後が楽しみ。

 

天恵緑汁抜き取り・完成

天恵緑汁の放置

日付:2018年7月7日

天恵緑汁、仕込みから1週間。
中を覗いて見てみると。

汁がかなり溜まっていました(*´▽`人)
めっちゃ甘い香り。
いい感じです!

においは、カブトムシのゼリーみたいな( ゚д゚)
嫌いじゃない感じ。

 

天恵緑汁の完成

重石を取ると、綺麗な色をした液体が出てきました。
いい色です(*´艸`*)

 

天恵緑汁、抜き取り

天恵緑汁を絞る

【使うもの】
・ロート
・ペットボトル
・固定の為の「支え」になりそうなもの。

天恵緑汁が完成したので、使いやすいようにペットボトルに詰めていきます。
場所の確保をしていなかったので、ちょうど良さげな段差を利用して抜き取りをします。

抜き取りには、2Lのペットボトル・ロートを使いました(*´艸`*)
支えがないとゴロゴロ動いてしまうので、そこら辺にあった鉢植えで固定してます!

 

天恵緑汁を絞る

天恵緑汁は、容器を斜めに設置すれば、後は放置するだけで勝手に落ちてくれます!

我が家は外でやっていたので、アリが怖くて、1時間ほどで回収…
それでもかなりアリが群がっていましたw

Youtubeでやっていた方は、半日とか1日とか置いていましたね。
今度は家の中とかでやろうかな(*´▽`人)

 

完成

天恵緑汁

天恵緑汁、完成しましたー!
2Lのペットボトルの半分くらいとれたので、「1L」くらいかな。
なかなか良い感じなのでは(*´艸`*)

これを薄めて畑にまくことで、“土壌の微生物のご飯” になります。
活性剤として使えるらしいんです。
今度やってみます!

注意!天恵緑汁は、発酵しているのでそのままにしておくと、ガスでペットボトルがパンパンになる。
作ったらキャップは緩めにして、定期的に ”ガス抜き” が必要!
ペットボトルのキャップを緩めて閉じるだけでOK!

 

抜き取ったカス

天恵緑汁の搾りかす

天恵緑汁を搾り取った残りカスは、畝づくりの際に地中深くに埋めました。
これも土の栄養になったらいいですね!

 

天恵緑汁を使ってみる

天恵緑汁をまく

日付:2018年7月12日

やっと完成した天恵緑汁を畑にまいてみました。
しっかりと水で希釈して使います。

希釈は何となくでやっていますが、10Lのジョウロに対してチョロチョロって入れるくらい。
たくさん入れずに使っています!

天恵緑汁をまくと、甘い匂いが畑に広がってなんとも素敵。

でも、アリが群がったりするわけじゃないのがなんだか不思議(*´ω`*)
アリ=砂糖みたいなイメージがあるのでw

2018年に作った天恵緑汁は多少まいたけど、使い切らずにストック。
2019年にも継続して使っています。

手作り活性剤一覧へ戻る