初めての農場開拓・土づくり(2017.12.2~)

2019年6月4日

2017年12月に開始した農場開拓についてまとめています!
※この記事には虫の画像が含まれています。

始めに

私はゲームが好きで、中でもルーンファクトリーとか牧場物語とかほのぼのした農業ゲームが大好きなんです。
その影響もあって、土いじりは昔から好き(*´▽`人)
学校の委員会でも園芸系の作業のものばかり選んでやっていました!

だけど農業系の仕事に就くこともなく、何となく選んだ仕事で作業のように仕事をする毎日でした。
数年経って転職をして、引っ越しをしたことをきっかけにずっとやってみたかった農業を夫と2人で始めました。
家庭菜園レベルなので、まだまだですが土をいじって植物を眺めるのは本当に楽しいです。

私は野菜嫌いで、給食で出るサラダとか凄く嫌いでした。
でも、自分で野菜を作るようになってからは少しずつ野菜も食べられるようになって。

野菜の可愛いところも、美味しい食べ方も…
自分が知らなかっただけで。見られなかっただけで。
見方を少し変えたら嫌いなものも面白いところがあるんだなと、大人になってからたくさん知っていっています(*´Д`*)

知ることが出来て本当に良かった。

 

荒れ地を開拓していく(2017.12.2~)

*写真は、2018年5月時点でまだ手つかずになっているところ。

引っ越したらすぐに畑作るぞ!って思っていたんですが、意外と引っ越しの片づけとかが終わらなくて…
結局始めたのは「12月」になってからでした!

庭は自由に使っていいよと大家さんに言われていたので、とりあえず雑草抜いてみようかなって軽い感じで始めました。

改めて庭を見渡してみると。
もはや、森( ゚д゚)
手つかずになっていた場所なのでもちろん雑草だらけなんですが、大きな木はいくつもあるし南国に生えてそうな植物はあるし…

所々に野生化した花なんかもあって、何から手を付けていいやら(m。_。)m

農地開拓は、2019年の現在も継続中!
2018年に広げた農地で野菜を作りつつ、他の場所も使いやすいように整備してる。

 

ゴミがヤバい…

農地を作るにあたって一番苦労したのが、この大量の「ゴミ」
前の住人のおじいさんがゴミ収集の趣味があったらしく、本当に色んなものが至る所にあります。

ゴミを土に埋めれば何でもすぐに土に返ると思っていたのか、土の中にもかなりのゴミが…
土を掘り返してゴミを片付けて…とするだけでもかなり大変でした。

一人だったら、たぶん止めたかもしれない。

 

でも、見ていて面白いのが「おせんべいの袋」とか「黒飴の袋」とか。
「お茶のペットボトル」とか。
埋めた人の趣味趣向というか、そういうものが見えるのは面白かったです(*´艸`*)

ゴミの回収は面倒くさいことこの上ないのですが、それでもそういうのを想像すると面白くて作業も捗るので色々妄想しながら片付けていきました。
*ゴミは埋めてもすぐに土には返らないのだとよく知ることが出来ました!!

釘やネジ、陶器の破片などの危険物は分別して。
燃えるごみは、燃えるゴミの日に少しずつ捨てて。

まだまだゴミはたくさんありますが、1年後にはかなりのゴミが片付きましたよ。

 

木や石の重さを知る

庭には、大きな木がたくさんあります。
畑を作る為に “邪魔になる木” や、“虫のたまり場” になっている木は切り倒すことにしました。

でも、この木を切るのがまた大変。
小さいものでも切った後に、根を掘り返して綺麗にするのにかなりの時間がかかりました。

木の根ってかなり凄くて、栄養を求めるために “凄く遠くまで伸びる” んです!
「この根はどこのだろう?」ってたどっていくと、とんでもなく遠い場所だったりw
大きな体を維持するためには、栄養のある場所を求めて根を伸ばす体力がないといけないんだなと知りました(*´ω`*)

この画像の丸太一つ運ぶのも重たくて、なかなか軽々とは持ち上げることが出来ません。
軽いものもたまにあるんですが、基本的に木は重いです。

昔の人は、こんな丸太よりもっと重い木をたくさん運んでやぐらとか家とか作ったりするんだから、ホント凄いな(*´▽`人)

 

木の他にも大きめの石がたくさん。
このサイズの石は、意外と重たいんですよ!

とても持ち上げるなんてできないくらい重い…
ムリに持ち上げると腰を痛めそうな感じです。

でも、この手の岩がゴロゴロと…
とりあえず今は使わない場所まで、ゴロゴロ転がしていってまとめることにしました。
あとで、石垣の様に少し囲いを作るのに使ったりとか、道の装飾に使ったりとか重宝してます (*´Д`*)

石の重さというのも目で見るのと、実際に運ぶのでは全然違いました。
体感すると実感するものですね。

 

農地開拓と昆虫

荒れ地は、虫パラダイス…
至る所に虫がいます(m。_。)m

木の根の部分や倒れた丸太の下などは「アリの巣」に。
土が硬かったりするためか、アリの巣になっていることが多かったんです。
*とにかく地面が硬くてじめじめした場所にいる印象。

木をどかすと凄まじい数のアリがいたり、卵があったりで・・・
もう木をどかすのがトラウマレベルで恐怖です。

1年後には、住む場所がほとんどなくなった為か色んな場所でアリの集団が出るようになる…

 

卵を抱えたクモとかもいます!
虫はそこまで得意ではないけど、見たこともない生き物をたくさん見れるのは面白いです。

家の中だとパニックだけど、外なら色々と防具があるのでばっちり(`・v・´)

 

雑草刈り

適度に石をどかしたら、雑草を刈っていきました。
この場所を開拓したのは「2018年の7月」になってからでした。
刈り始めるのが遅すぎて、暑くてかなり大変だった…

この場所には野生化したイチゴが大量にあったんですが、他の場所にもあったので撤去。
またちゃんと作ってみたいです。

 

雑草を刈るだけでも、かなり綺麗になります。
ここまで綺麗にするのも意外と時間がかかる。

野菜を作る所にたどり着くまでには、かなりの労力と時間がかかるんですね(*´Д`*)

 

雑草を刈る時に役に立ってくれたのが、この「クワ」
レーキとクワが一緒についているもので、これだけでもかなり便利でした!

道具の種類も使い方もほとんど知らない自分たちですが、少しずつ使い方とかもっといい方法とかを知っていけたらなと思います(*´Д`*)

2年目になって知ったことですが、「備中クワ」がかなり便利。
土の中に残ってしまう雑草の根を回収するのに、役に立ってくれています(*´▽`人)

 

刈り取った雑草

刈り取った雑草は、始めの頃はゴミ袋に詰めて燃えるゴミの日に捨てていました。
でも、現在では刈り取った雑草は日当たりのいい場所で乾燥させて、畑の道に敷いたり使っていない区画に敷いたりしています。

敷き藁に比べてしまうとすぐに減ってしまうんですが、雑草も生えにくくなったりもするのでこの方法を試してみています。

雑草を刈りとる時の草の匂いとか大好き

 

土づくり

「雑草を刈り取った後は土を整備するぞ!!」って思ったのは良かったんですが、手つかずの地面ってめっちゃ硬い…
スコップが全然入らないんです。

掘ったら堀ったで石ばかり出てくるしで、全然進まない。
土づくりは、スコップで掘り返して石を取り除いての繰り返しの作業になりました(*´ω`*)

我が家の土は、たぶん粘土質?みたいな感じ。

 

植物の根や巨大な岩やら、ホントに色々。

特にバケツとか一輪車とかが初めの頃はなかったので、近くにあった鉢植えに石を満載に詰めて駐車場へ運ぶという作業を永遠やってました!
これが結構重いんですw

何でこんなに巨大な石が埋まってるんだろうっていう感じの石もいっぱいだし。
そのせいでスコップはなかなか掘り進まなかったです。

 

土ふるい

土ふるいとは?
土をふるう為の網状の器具に土を入れて、左右にシャカシャカ振って土だけを落とす作業の事。

土づくりで大活躍したのが、この「土ふるい」
お菓子とかを作る時に、ダマにならないように粉モノを振るったりするじゃないですか?
それと同じような感じで、土を振るって細かい綺麗な土だけを残すようにするんです。

この作業をするだけで、もう土がふっかふか( ゚д゚)
一度始めたらクセになること間違いなしな作業です!

「土ふるい」は、100均で購入しました。
かなり使い倒しましたが、まだまだ全然使えます。
※写真の丸い銀のやつ。

土ふるいって目が “粗い” のと “細かい” ものの2種類売ってるんですが、我が家は粗いタイプの土ふるいで十分でした。
細かいのも買ったけど使わなかったw
全然土が落ちなくて飽きました…

 

振るう前の土がこんな感じ。
これホントは少し振るっちゃっているので、少しサラサラに見えてますw

 

振るい終わったものがこちら!!
どやぁぁぁぁ(`・v・´)

はぁぁ、もう素晴らしいです!
このサラサラ具合。
これは土を振るいまくった人にしかわからない感動ですよ。

そしてこの感動を一番効率的に味わえる瞬間が「スコップ」
良いですか?スコップを持って、地面に向かって直角に落とすのです。

そうすれば…
いとも簡単にスコップが埋まる!!
素晴らしい( ゚д゚)

これでしばらく遊べますw

真面目な話をするとですね。
土をふるって、地面の中にある石とかを取り除かないと植物が根を伸ばす時に邪魔になります。

障害物を少しでも減らして、のびのび育ってもらうために大事なんですよ(*´ω`*)
※地味にネキリムシなどの虫も除去できます。

 

土のPHを調整

土づくりに必要なもの。
そう「PH」だ( ゚д゚)

土がふかふかになっただけでは、まだまだ土づくりは終わらない。
今度は、土の「PH」を調整しないといけません。

PHって言うのは、酸性とかアルカリ性とかってやつ。
学校で習うので聞いたことがある方も多いかも。

土は、放置されていると段々と「酸性」になっていくのだそうです。 
これは、雨が “酸性” だからなんですよ(*´ω`*)

放っておけば、雨はどんどん地面にしみわたっていくので酸性になっていく。

野菜は、それぞれ適切なPHというのが決まっているので、”育てたい野菜に合わせて調整” していく感じなんですよ。
果物と野菜でも結構違ったりする。

酸性に傾いていたら、苦土石灰(くどせっかい)というものをまいて調節したり。
PHをはかる機械もあったりするので、そういうので図りながら調整して土壌を作っていきます!
苦土石灰をまいたら、2週間程度放置…
長い ( ゚д゚)

私たちは、苦土石灰なんて言葉を知らなかったので、とりあえずホームセンターに行って・・・
「どれかなー?」って夫と一緒に探してきて、畑にまきました。 

「顆粒タイプ」と「粉末タイプ」も確かあったかな。

我が家は、顆粒タイプのものを購入して、土に混ぜ込みましたー。
クワとかもなかったので、スコップでw

畑の様子は毎日見ていたんですが、まいた苦土石灰がなかなかなくならなくて…
これであってるんかねーっていいながら観察。

雨が全然振らなかったので時間がかかりましたが、綺麗に土に溶け込みましたよー!

 

PHの確認

我が家の畑は、かなり放置されていたものだったので、特に確認もせずに苦土石灰をバラまきましたが、PHを計れる機械で計ってからやると一番わかりやすい。

ホームセンターや園芸用品店などで購入できるよ(*´ω`*)

後で知ったのですが、生えている「雑草」などでも確認が可能!
面倒な時は、雑草の種類などでPHを知るもの一つの手。

スギナとかが生えてたら酸性の可能性あり!

 

堆肥(たいひ)・肥料をバラまく

PHの調整が終わったら、「堆肥」をまきます。
我が家はバーク堆肥をまきましたー。

まき方がわからなかったので、ざざーっと!
そして、スコップで混ぜる。

スコップ意外と大変だからおすすめしない

堆肥がまけたら、肥料をまいて土づくり終了です。
ちなみに、何も知らない我が家は肥料は後まきw

先に野菜の苗とか植えまくっちゃいました。
待ち切れなかった(=v=)

さらに、何も植えてないのに毎日じょうろで水あげてました。
土が可愛くて、つい…

 

待ち切れずに買っちゃった苗

春が待ち切れずに、いくつか作物を買ってしまった…
冬越せるかな?

少し心配ですが、経過を楽しみにしています!

 

ローマンカモマイル(カモミール)

ローマンカモマイルは、正直2度目。
引っ越す前に室内に育てていたんですが、なぜか一瞬で枯れたw

今回こそはと、リベンジに燃えています!

ローマンは、ハーブの一種なんですが花が咲いて、「りんごの香り」がするのが特徴です。
葉っぱだけでも少し香りますよー。
いいにおい(*´艸`*)

今回は、花まで咲かせてみせる!

 

スペアミント

夫がミント好きなので、お菓子の飾りにも使えそうな「スペアミント」を購入してきました。
外に出していたんですが、冬場は葉っぱが “パリパリ” になってしまったので室内の陽のあたる場所に保管。

元気元気(*´艸`*)

お菓子の飾りとかに色々活躍してるよー

他にも「フェンネル」というハーブを購入してきたんだけど、写真を撮り忘れたのでまた今度。

サラダとかにも使えて、確か “2m” くらい伸びるらしい…
カッコいい!

 

余談

第一回目の農地開拓・土づくりはこんな感じ。
未だに開拓はちまちましていますが、始めた頃に比べるとかなり土の質も良くなっています!

自分たちが頑張った成果が、目に見えて出てくれるので嬉しいです(*´ω`*)
土いじり大好き。

開拓日記へ戻る