ナスの劣化とヘタの落とし方

2019年8月7日

ナスのヘタの落とし方

ナスのヘタを落とす時は、ヘタについている “ひらひらした部分” を持ってむいてしまうのがおすすめ!

包丁で切ろうとすると実を切りすぎてしまって勿体無いことが多いです。
なので、ヘタを包丁で落とす前にひらひら部分を取り外してしまって、どこを切ればいいのかをわかりやすいくします。

こうすることで、実を必要以上に落とさずにヘタを落とすことが出来ますよ(*´Д`*)

最近知って、おぉぉーってなったのでサイトにもメモw

 

ナスの劣化の指標

ヘタのひらひらをむいた時に、点々がついていることがあります。
この点々があったら、ナスが劣化し始めている証拠。

新鮮なナスだとヘタをめくっても点々がありません。
収穫してから日が経ってしまうと、ヘタの下に水分が溜まるのか点々がついてしまうことが多めです。

皮についているだけなので、皮をむいてしまえば食べることが出来るので、我が家ではこの部分をむいて料理に使ったりしてます(*´ω`*)

<栽培していたナスの記事こちら↓>
「ナス(黒曜・千両二号)」観察日記(2019.5.11~)
「ナス(千両二号・黒陽・水ナス)」観察日記(2018.5.19~)